ゆかりえーる

田村ゆかり 2014年FCイベント 大阪会場レポ(感想)

10月12日に大阪・オリックス劇場で行われました、「田村ゆかりファンクラブイベント 2014」に参加してきました!
例によって例のごとく、間違ってる所あれば、ご指摘いただけるとありがたいです!
(今回かなり記憶に自信がないので、参加された方がぼんやりと思い出せるくらいのものになれば幸いです)

開演前

台風18号の猛威に見舞われた東京会場から一週間。
ご多分に漏れずこちらも台風接近中の中開催となった大阪会場に行ってまいりました。

当初は物販開始1時間位前につけば良いかと思っていたんですが、
今回特に欲しかったイベントTシャツ(ラベンダー)が、東京では早くに売り切れたということもあり、地元京都から始発で大阪に向かうことに。

台風が来ているせいなのか、単に季節的な問題なのか朝は肌寒く。
7時前に会場につくと、会場前の公園には約100人ほど?の王国民が待機されていました。
そこからボチボチと人は増えていったんですが、実際に列形成がされたのは9時前ぐらいでしょうか?だいぶ遅かった気が。

11時30分から物販開始し、自分は目的のものは一通り購入でき、ガチャも当たりを引くことができましたヽ(=´▽`=)ノ
(当たりは壁掛けポケット?でした)

今回、先週の18号よりも強い台風がきている、しかも数日前の予報ではちょうど12日に直撃!となっていたので、戦々恐々としていたのですが、
直前になって進行速度が弱まったのか、イベント当日は暑いくらいのいい天気でした!これでゆかりん雨女説も吹き飛びましたね!w

15時開場、17時開演だったため、16時過ぎぐらいに自分も会場へ。
今回はアナウンスがあったとおり、「会員証」「住所確認書類」の確認がかなりきっちり行われており、
(以前までのような、チラッとみて通す感じではなく、
会員証の番号とチケットの番号、チケットの住所と身分証の住所の照らしあわせ、顔写真のチェック。などスタッフのかたが一人ひとり確りとチェックをされていました。)
また、その後の鞄のチェック金属探知機など、今までに無いほど厳重な入場チェックだったと思います。

不平不満を言う方もいらっしゃいましたが、安全なイベントの進行の為に、参加するファンはこれくらい当然だと思いました。
中にはチケットに関する注意事項をキチンと読まずに入れなかった方もいるそうですが…特例を出すと結局ルールの意味がなくなるので、
そこは厳し目くてもキチンとチェックされていた運営さんを支持したいと思っています。グッジョブ!運営さん!

さて入場後、座席へ。
オリックス劇場は本当にコンパクトな会場ですが、その分会場の距離が近くてとてもいいなあと思いました。(小並感)
自分は1階12列だったのですが、前に通路があったことを考えても、舞台との距離も近く、確りとお二人をみることができました。

セットリスト・概要

開演は17時15分ごろ。
開演前に再度イベント中の注意事項がアナウンスされる。
「25cm以上のペンライト、複数のペンライトを一度に持つ、改造されたペンライトなどの使用は禁止。
公演中は大きな動きをしたり、周囲の迷惑になるような動きをした場合、係員が飛んでくるからな」的な内容。

1.スパークリング☆トラベラー

ステージ中央からゆかりんが登場し、一曲目はスパークリング☆トラベラー。
Twitterでも「スパトラは盛り上がらないのかな?」と姫がつぶやかれていましたが、そんなことは無い!と伝えんばかりのコールでした。
が、個人的にスパトラが盛り上がらない、と言われているのは、曲調的にずっとアップテンポで飛んでいるため、相対的に大きく盛り上がるところが無いのが理由かな?と思いました。
あと以前からのライブでも思ったのですが、何となくコールの正解がわからない感が…笑
いや、正解とかはないんですが、PPPHをしている人もいれば、Hi!Hi!な人もいたりと、全体的にわりとフリーダムな感じでしたね。
むしろいっそこの曲は全く揃わないけど盛り上がってるフリーダムコールでもいいのではと思えてきましたw
あ、「だいすき!」のところは揃ってましたよ!w

2.わがままなI LOVE YOU

「田村ゆかり ファンクラブイベント2014 大阪。楽しんでいってください。」と一言言ったあとに、すぐ二曲目。
二曲目は「わがままなI LOVE YOU」!!まさか!ここでこの時期にこの曲とは!!
この時期に、というのは自分としては8月のゆかたんコンサートでカバーとして披露があるかな?と思っていたりした曲でした。
(ちょうどBaby’s Breathのリリース日が2002年の8/27のはずですので)

2004年のSTT以来の曲ということで、自分も生では初でした。
やはり生で聴くのはCDとまた違った良さがあって、本当に良かったです。
CDはやはり2002年、約12年前の楽曲なので今とは少し歌い方が違い、今のゆかりんの声で聞いてみたいなーと思っていた一曲でも有ります。
ゆったりとして、でも軽やかなテンポとゆかりんの声がとてもマッチしていて、大好きな曲の1つです。
振付も、波のように揺れるような手の振りや、小首をかしげたりといった少女っぽい振付がとても可愛かったです。

3.おしえて A to Z

3曲目はおしえて A to Z。何か久しぶり?と思ったら、ライブでは17歳だよゆかりちゃん祭以来。
自分としてはFiL以来約2年ぶりに生で聴いたことに。

AtoZといえば手拍子がフィーチャーされますが、個人的にはゆかりんが手をくるくる回す振付が、とても好きです。笑
あと最後の「キ・ミ・ガ・ス・キ」!のところで、ステージ最前列の方を指さす振り付けがありましたね。羨ましいです…。
FFCのCherryKissといい、一度はああいうのに遭遇してみたいところですな(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

以上、ライブパート終了

ここからイベントパートへ。

・最近同じみのMC・わっしー(鷲崎健)が登場!
・ゆかりんは、FFCのBDと似ているオレンジ系の衣装。
・ワッシーは黒のジャケットにパンツ。

・登場するやいなや、とりあえずお客さんに「座ろうか」と着席を促すわっしー。
・そして一緒にステージ上に座るゆかりん。に、ツッコミを入れつつ一緒に地べたに座りだすわっしー。笑
・まさかのステージ上に座り込んだままイベントがスタートしましたw

・最初に、ゆかりんにはクジを引いてもらい、引いた単語をゆかりんにわからないように、スタッフがカウント。
・その言葉を言った回数分の客席の列数の人に、限定グッズをプレゼント(!)
・ゆかりんが引いた言葉は「なんで?」でした。(ゆかりんは知らない)
・ゆかりん「このリアクションは言いそうなやつだな」「ははーん、田村、わかりました」→「違うなー・・・ゆかり かと思ったんだけど」

軽くトークをしたのち、客席から見てステージの右側に移動。
机と椅子が用意され、そこにはPS3が。
鷲「開始早々PS3が登場するファンクラブイベント!w」
PS3についたホコリが気になるゆかりん。

鷲「さて今日はゲームをしたいと思います」
と、おもむろに取り出したディスクをゆかりんに渡す。

ディスクをPS3にセットするゆかりん。
「え、これ言うの?………ゆかりーオーンっ」(ゲームセンターCXの有野課長の「課長ON」にかかっていると思われる)

ステージ中央のスクリーンにゲームが起動。

・私服姿のゆかりんが自転車にのったりブランコで遊んだりというとても素敵な映像がながれた後、
 「恋愛♡M@STER ときめきゆかり+(仮)」という斬新なタイトルの恋愛ゲームがスタート!
(ido◯M@STERや、とき◯モ、ラブ◯ラスやらG◯(仮)とは似ても似つかない素敵なタイトルに笑いを堪えられませんでした)
 一通りゆかりんが出演しているなか「+」だけ?と思いましたが、そういえばラブプ◯スは芳井さんが広報担当でしたね(関係ないと思いますがw)

・「このゲームはあなたがプレイヤーとなって、ゆかりんをおとすゲームです!!!」(会場盛り上がる)
 田村ゆかりさんがプレイヤーとなって、ゲームの中の田村ゆかりさんをおとす画期的な恋愛ゲームです←

・「皆さん、お手元にA〜Dまでが書かれたボードがあるかと思います。それでゆかりん(プレイヤー)を助けてあげてください!」
→今回は入場時に、イベントの注意事項などと一緒にA〜Dまでが書かれたA3半分折のボードが配られていました。
 これを掲げて、ゲームの選択肢をゆかりんにアピール(?)するという趣旨です。

・まず、攻略するキャラクターを選択するゆかりん。

選択肢

A.田村ゆかり
B.神楽坂ゆか
C.水着の田村ゆかり ←ゆかりんが選択肢を聞く前から会場中が「C」のボードを上げ始める。

・とりあえずまずは「神楽坂ゆか」を選択→GAME OVER
・間違った選択肢を選ぶと即GAME OVERです。
・ゆかりん「はいしゅーりょー!解散ー!」
・わっしーに促され、もう一度選ぶことに。
・再度聞くも、会場は問題なく「C」の札で埋まる。
・ゆかりん「じゃあ、C選んで見る?」→GAME OVER
・「はいしゅーりょー!解散!だってみんなが選んだんだよ!?」帰ろうとするゆかりん。笑
・ゆ「じゃあ、もう一回だけゆかたん行ってみない?ほら、ルートを回収したら行けるようになる事あるじゃん?」
・鷲「ルート回収っていうか、ゲームオーバーなっただけやけどなw」→ゆかたん選択→GAME OVER

・しかたなく(?)「田村ゆかり」を選択。ゲームが始まる。

・舞台は高校。(栃木県の旧田沼高校がロケ地らしいです。「好きっていいなよ。」のロケ地でもあるとか)
・制服で「はじめまして、田村ゆかりです」と黒板に名前を書く転校生ゆかりん。
・隣の席になり、「教科書みせてくれない?」

選択肢
(ごめんなさい、細かい文言覚えてないので大体のイメージだけ)

A.いいよ
B.嫌だよ、他の人にみせてもらったら?
C.じゃあ僕の膝の上においで
D.かわりに君の◯◯を見せてよ

・CとDで割れる会場。笑
・まあBは無いよね〜…
・やっぱりCかD〜?でも、もうCもDも一緒じゃない?ならDでいく?Dを選択。→「最低!」ビンタされる→GAME OVER
・「やっぱりちょっと早かった!」
・「やっぱりまずはCを選んでから、そうしたらきっと指の形のカーソルがでるから、あんなことやこんなことを・・・」→Cを選択。→「最低!」ビンタされる→GAME OVER

・最終的に無事Aを選び「ありがとう!」

・「ん?どうしたの?何考えてたの?」とゲームの中のゆかりん。

選択肢
(ごめんなさい、細かい文言覚えてないので大体のイメージだけ)

A.なんでもないよ
B.(???)←忘れました…
C.ゆかりんのことだよ
D.どエロい事さ!

・まさかのDを選択するゆかりん。
・「私も同じこと考えてた!」(会場沸く)
・これからよろしくね!

ゲームコーナー「カードトーク」
・ゆかりちゃんねるでもお馴染みの「お題となるカードをひいて、組み合わせたトーク」
・今回は何枚引くかもくじ引き、FCが出たらFC会員からの質問。
・いきなり「FC」→「ゆかりんは甘納豆やナッツが好きですが、魅力とオススメは?」
・魅力は「甘いところ」おすすめは「黒糖そら豆」
・2回目は3枚引く。「ひま」「まめちしき」「わからない」
・もうわからないので、豆に関する知識を披露して終わろう。→「納豆に砂糖を入れると美味しいときいたことがある」(人づて)
・3回目、4枚。「こどものころ」「えろい」「はらたつ」「ランチ」
・ちょっと無理なので、更に足してみよう→3枚引く
・「おとこのこ」「とかけまして」「ゆめ」
・何をしても解法がわからないので、「甘納豆」をえろい言い方とはらだたしい言い方で。

再びゲームシーンへ。

・シーンが変わり、学校の渡り廊下的なところ。
・制服で立っているゆかりん。(わっしー「うわ、エロい、田村さんエロい。なんかくねくねしてる!」)
・「2月14日って、何の日か知ってる?」

選択肢
(ごめんなさい、細かい文言覚えてないので大体のイメージだけ)

A.煮干しの日
B.ゆかりんの誕生日?
C.バレンタインデー

・ゆかりん「みんなはさ、バレンタインデーとか関係ないでしょ?」(Fooo!)
・そういってAを選択。
・そうそう、2月14日は、煮干しの日だよね〜
・いやいや、バレンタインでしょう。
・「最近は逆チョコっていって、男の子が女の子にチョコをくれるんだよ。石岡くんもたくさんくれるって言ってたなー」

ゲームコーナー「ラッピング対決」

・ステージ上で、キングレコード石岡さんとゆかりんが、ラッピング対決。
・机の上にあるものを、用意された資材でいかに綺麗に多く包めるかを競争。
・「今度は負けません」(東京では石岡さんが勝ったのでしょうか?w)
・手際よくラッピングするゆかりん。
・ラッピング対決ですが、ぱぺっとにはリボンを巻くだけなどフリーダムなゆかりん。
・ですが最終結果はゆかりんの勝利!
・見事ゆかりん(ゲーム内)の好感度アップ!

ゲーム再開。

・舞台は屋上
・プレイヤーがぼっちで屋上飯をしていると、ゆかりんが登場する
・「一緒にお昼食べてもいい?」(わっしー「こいつも友達いねえな」)
・「ゆかりんはお弁当なんだね?」「君は?」「僕はいつも購買で買ってるよ」
・「じゃあ、こんど作って・・・あげようか?でも君の好きな物がわからないな」

選択肢

A.じゃあ別にいいよ
B.今度僕のお気に入りのお店に行こうよ
C.(???)
D.キノコよりタケノコのほうが好きだよ

・とりあえずDを選んでみるゆかりん→GAME OVER
・「なんで?それにここできのこたけのこ戦争を持ち出す意味がわからないw」
・「ちなみにゆかりはキノコ派です」「鷲崎はタケノコ派です」(筆者もタケノコ派です)
・Bを選択→「それって・・・デートってこと?」

場所が変わり、おしゃれなカフェレストランのような場所へ。

・私服のゆかりん登場
・早速中にはいり、ランチプレートを頼む。(わっしー「くねくねくねくねしてる。エロい」)
・「あのさ、田村さんじゃなくて…ゆかりでいいよ」(会場沸く)
・「ところでもうすぐ文化祭だけど、うちのクラスは『女装喫茶』をするでしょ?」
・「君、女装って興味ある?」

選択肢
A.いや、あんまり
B.ああ、大好きさ!
C.父に教わったよ
D.僕の知り合いにカズ子さんって人が…

・わっしー渾身のセリフ読み。
・会場もDが多いかな?→ゆかりん、Dを選択。
・え、でもこれ「ああ、大好きさ」って引かない?w

・「そうなんだー」(鷲崎「反応薄っ」)
・「でも君には女装じゃなくって、オーディションの審査員をしてもらいたいんだ!」

ゲームコーナー「王国民男子女装対決」

・観客の王国民男子の中から4人を選び、女装をして誰が1番可愛くなるかを予想するゲーム。
・4人を選ぶのはわっしー。
・立候補制で、挙手している王国民男子から、わっしーが観客席へ降りてきて選ぶ。
・全体的にわっしー基準で可愛らしくなりそうな人を選出。
・女装する人を選ぶ間にゆかりんはたこ焼きを作ることに。
(このたこ焼き、女装した人が食べたりするのかと思いきや、普通にゆかりんとわっしーが食べるだけでしたw)

・たこ焼きが思ったよりも上手く出来たゆかりん。普通に美味しい。「味がある。味付けしたのはスタッフさんだけど」
・選ばれた4人はステージ裏で着替えタイム。ゆかりんは見えないように予想を書く。
・着替えている4人のところへゆかりんがカメラさんを引き連れてレポートに(!)
・こっそりと着替え部屋のカーテンを開けていくゆかりんでした。

・4人はそれぞれ
Aさん:ナース服、Bさん:メイド服、Cさん:女子高生、Dさん:チャイナ服 を着用。
・Bさんの筋肉が凄い。
・Bさんは、普段黒いタンクトップで来られている王国民の方。ゆかりんも覚えていた。それとなく見たことある方も多いかも。
・わっしー「メイドっていうか、メイドガイ」

・会場で投票→AさんとBさんが僅差。
・スタッフ集計の結果Bさんが1位に!
・ゆかりんの予想は「Aさん」ではずれ。ゆかりん「正直Aさんの方が可愛いけど、Bさんは立ち振舞がよかった」
・わっしー「俺ならAとBならAを選ぶぞ!」
・優勝したBさんはメイド服のまま、ゆかりんとツーショット撮影!!(おめでとうございます!)

ゲームに戻る。

・無事に文化祭も終わり、次は体育祭。
・「ゆかり、野球をやっている人ってカッコイイと思うな。」
・「そういえば野球で『トリプルスリー』って、打率三割、HR30本とあとひとつなにか知ってる?」

選択肢
A.タイムリーヒット30本
B.盗塁30回
C.退場30回

・ちょっと巻き気味でしたが、会場がBが多かったのでBを選択→正解

・「そうなんだー。今度の体育祭のストラックアウト、期待してるね」

ゲームコーナー「ストラックアウト」

・50音が書かれたパネルに、ゆかりんがボールを投げる。
・あたった文字を組み合わせて出来た単語の賞品をゆかりんがもらえることに。
(例:「ん」「み」「か」→「みかん」など)
・「☆」パネルにあたると、好きな文字としてつかえる

・「り」「す」「へ」など順番に当てていく、ゆかりん。
・「へ・り。ヘリー!ヘリもらえるのー!?」→ブブー(天の声
・「☆」を狙うがなぜか☆のところにあたってもくっつかない?w
・ある程度文字が揃ってきたところで組み合わせ「りす」「くすり」・・・
・観客「いずー!」 「いず?ああ、伊豆!」→ぴんぽーん(OK
・「伊豆はいいのか」
・うわー、コレ何も出来ない。鷲崎「い・ふ・く・へ ゆ・す・り。伊福部(構成作家)を、ゆする」
・ゆかりん「え、これ、伊福部さんがゆかりの所有物になるの?」→ぴんぽーん(OK
・何になげていいかわからないから、ぐるぐるバットの要領で回るゆかりん。
・三回くらいでへたり込む「目が回る〜」
・全部投げたものの、まともな言葉ができない!
・わっしー「「゛」はノーカンとして、泣きの一回!」
・何と最後の一投で奇蹟の4枚抜きwしかも「☆」パネルも!
・全てを組み合わせて、いくつかの単語を作るゆかりん
・「ぐあむ(OK)」「いず(OK)」「へり(ぶー)」「つゆ(OK)」「ゆみ(OK)」「ふゆ(ぶー)」
・何とゆかりん見事に「グアム」をゲット!
・わっしー「弓だけ、買ったらみせてwどんなん買ったのかw」

再びゲームへ。

・一緒に帰り道を歩いている
・もうすぐテストだね。君は何の教科が得意なの?

選択肢
A.国語かな?
B.保健体育だよ
C.地理かな。

・Cの地理を選択。
・「そうなんだー。ゆかり、地理はちょっと苦手で・・・」
・何点だったの?→「・・・・・・・ひみつ!」(さんt おっと誰か来たようだ)

・自宅で勉強をしている
・そこに電話がかかってくる「休みの日に誰かから電話がかかってくるなんて」
・ゆかりんから電話「ねえ、今何してたの?」

選択肢
A.勉強だよ
B.(???)
C.どエロイことだよ!

・Cを掲げる人が多い中、ゆかりんもCを選択。
・わっしー「こいつもどエロイ」
・「そうなんだー!ねえ、今から君に勉強教えてもらえないかな?」
・ゆかりんが今から家に来ることに。

ゲームコーナー「部屋をお掃除」

・散らかった主人公の部屋を制限時間以内にゆかりんが片付ける。
・部屋の中はぐちゃぐちゃで、衣服やゴミが散乱している。
・ゴミを分別しつつ、本をきれいに並べるゆかりん。
・PCにはなんとカラオケを歌うゆかりんのオフショットが!
・時間がなくなってきて、散らかっている服を窓の外から投げ出すゆかりん。
・途中でゆかたんの青パンがでてきたため、とりあえず履く。
・だいたいのものを投げ捨てた結果、綺麗になったので成功!

ゲームパートへ。

・最後の卒業式シーンへ。
・「文化祭、体育祭、ゆかりんが家に来たこともあったな…。」
Fin

・会場「ええええええええええええ!!!!!?!?!?!?!?」
・その会場の反応をみて笑うゆかりんとわっしー。

・映像が終わったかに見えた後、下駄箱に手紙が!(会場「おおおおおお!!!」)
・「想い出の場所でまってます」

選択肢
A.初めて話した教室
B.屋上
C.伝説の時計の下(伝説の木の下?)

・Bを選択。
・ゆかりんが屋上でまっている。
・ゆかりん「君は、ゆかりのこと、どう思ってるの?」

選択肢
A.大好きだよ!
B.友達かな
C.(??? わすれました・・・)
D.あいしてる

・会場はAとDが多い。
・みんなはどういう心境なの?
・会場の女子王国民に聴いてみることに。
・A、Dそれぞれを上げている手前の王国民女子に質問。(一人はフォロワーさんでした)
・最終的にDの「あいしてる」を選択。

・見事ハッピーエンドへ!
(この最後の映像中に端へはけるゆかりん)

フィナーレへ

4.Only you〜トキメキの鼓動〜
・何と最後はまさかのFCイベントオリジナルソング「Only you〜トキメキの鼓動〜」
(作詞作曲 山口朗彦 編曲 菊谷知樹 歌 田村ゆかり /エンディングのクレジットより)
・いわゆる「あの頃の学園ドラマっぽいアイドルソング」なイメージでした(筆者は20代なのでイメージですがw)
・制服姿で踊るゆかりんと、桃色メイツ、そしてめろぷりスタッフの皆さん。
・この曲のCD化はあるのでしょうか・・・?

・最後に、最初にクジを引いていたキーワードの答えは「なんで?」と種明かし。
・「なんで?」と言った回数はなんと19回でした!
・19列分のクジを引くゆかりん。なんと、幸運にも筆者の座席列が当たりました!
・当選者には特製のミニパネルを後日郵送。

最後に発表が

・2014年12月24日(水) 田村ゆかり25thシングルの発売決定!
・2015年2月14日、15日 武道館にてスペシャルイベント開催決定!
(25thシングルに抽選券があり、それに応募することで参加できる、ゆかりちゃん祭タイプのようです)
・続報は追って公式サイトで。

・こうして 無事2014年FCイベントは終わりました。
・ちなみに、参加者には「きねんひん。」がもらえました。(手ぬぐい)

2014fc

雑感。まとめ。

去年の年末に続いてのFCイベント参加でしたが、今回の大阪もゆったりゆるゆるな雰囲気で、沢山笑えた楽しいイベントでした。
何よりまたこうして大阪に来てくれてイベントをしてくれたことが嬉しかったですね!
次は2月とまた先になってしまいますが、シングルを買って、参加できることを祈りながら楽しみに待ちたいと思います!

それでは、長々とした文章、最後までありがとうございました!